シエンタとフリードを比較(2018年)新型の価格・室内情報も

車の下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「車の下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです!

ディーラーで30万円と提示された下取り価格が、
買取業者では80万円になることもよくあるんです。

一括査定サイトとは、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がるんです!!

→ 愛車のホントの価値とは!

7人乗りミニバンとして人気が高いのはトヨタの「シエンタ」とホンダの「フリード」。

価格帯も機能性もほぼ同程度!ってことで、どう選ぶかに困っている人もいるのでは?

今回はシエンタとフリードを比較してみました♪

スポンサーリンク

シエンタとフリードを比較!2018年最新情報

2016年に8年ぶりのフルモデルチェンジを行った「新型フリード」と、2015年にフルモデルチェンジした「新型シエンタ」を比較しましょう!

どちらも1.5リッターのノーマルエンジンとハイブリッドを搭載。

7人乗りのミニバンとして、どちらも超人気車種です。

ボディサイズの違いとしては、
・フリード:全長4265mm・全幅1695mm・全高1710mm
・シエンタ:全長4235mm・全幅1695mm・全高1675mm

少しばかりシエンタの方が小さいと言えるけれど、mm単位なのでほぼ同じといっても問題ない違いです。

フリードの見た目としては「ミニバン」という感じ。
シエンタはアクティブでかっこいいイメージがついている感じがする!
というのも、フロントの歌舞伎の隈取りみたいなガーニッシュに斬新さを感じずにはいられない。

視界としては、フリードの方が良いとされています。
側方視界が優れていて、駐車場の白線にも合わせやすいようです。
シエンタは、前方視界は良好だけど、速報と斜め後方が少しみにくいという意見も。

ここはもはや試乗してみないと人それぞれ感じ方が違う部分なので注意が必要です!

スポンサーリンク

シエンタとフリード、価格で選ぶならどっち

カタログ価格で比較してみましょう!

フリードの価格(6人乗りGグレード)

・ハイブリッド:2,496,000円、ガソリン:2,100,000円

シエンタの価格(6人乗りGグレード)

・ハイブリッド:2,329,855円、ガソリン:1,980,327円

新車車両価格はフリードの方が約20万円高くなっていますね!

しかも、オプションを入れると乗り入れ価格はかなり高くなります^^;

フリードは300万円を超える見積もりが・・・汗

ここは値引き額も気になってくる部分なので、しっかり検討したいところです!!

スポンサーリンク

シエンタとフリードのエクステリア・インテリアの実際評価は

トヨタ「シエンタ」とホンダ「フリード」を比較して、エクステリアやインテリアの実際評価が高いのはシエンタです。

フリードのインテリアは全体的に水平デザインになっており、視線と目の焦点移動がし難いという点があります。

車高が低い影響で、立体感を出せない為でありデフォルトと考えるしかありません。

シエンタの場合は、車高が高くステップワゴンと同等の高さがあるおかげで運転席は非常に空間があり視界も良好になっています。

エアコンのスイッチはATレバーの左上にあり、ハンドルを握っていても簡単に手元で操作が出来る良さがあります。

内装は主に樹脂ですが合成皮革でステッチを入れたデザインはとっても高級感が漂っています。

またエクステリアのメタリックも評価が高い一因といえます。

→ シエンタを50万円安い値引き価格で手に入れる方法!

シエンタとフリードを比較してみてのまとめ

最終的に決めるのは試乗してみてからの感覚値というのがほとんどではないでしょうか!

ホンダの部品は手に入れるのが高くなる、という噂もあります。

そのため、将来的なメンテナンス費用が高くなるという話も…。

長く大切に乗るなら、メンテナンス費用も想定した上で購入を検討するのがおすすめですよ!!

シエンタを値引き価格から更に50万円安く買う方法!知らなきゃ損!

  • 新しい家族が増えた!
  • キャンプに行く季節に友達も誘って出かけたい!
  • ファミリーカーだけどスタイリッシュな大人数用の乗用車が欲しい!
シエンタ欲しい!

使いやすい、乗りやすい、ゆとりの3列シート。

3列目シートは前の座席に折りたたむことができるので、自転車を乗せたり寝転がることもできて、アクティブな家族に大人気のシエンタ新型がキニナル!!

でも、いざ買うとなると・・・



  • シエンタ新型って高い・・・
  • 家族からは「中古車でいいじゃん、ちゃんと調べていいのにして」って言われるし・・・
  • 新車ってそもそも値引きしづらいっていうし・・・
  • ちょっと話聞きに行ったら、めっちゃセールスさせられそうだし・・・
  • 何より、交渉とか無理だし!



実は、新車の利益率は本体価格の10%程度

つまり、
300万円の車なら利益額はたった30万円!

値引きするとディーラーは赤字になってしまうので、新車の値引きはしづらいと言われます。

しかも、
お金の話って
正直周りに相談したくないじゃないですか。。

ちなみに、我が家で乗っていた車を一度ディーラーに下取りに出したんです。

4年前の型の割と人気の車種なのですが、250万円で新車で購入した車が・・・
何と32万円という提示額が!!!
(隣の奥様の顔は見れませんでしたよね^^;)

でも、実はある情報を知ったら
50万円安く新車を手に入れられました!

オプション削ったとかじゃないですよ!
もちろんフル装備です^^b

しかも新型シエンタはエコカー減税だし、燃費もいいし、安全性能も装備も最高!!

シエンタは低重心小さい子供を乗せるのに重宝して、
・・・ちょっと褒められちゃいました♪

でも少し考えたら、これってただ

「やり方を
知ってるかどうか」
ってことだけ!

誰にでもできるやり方があるんです!!

その値引き方法をバッチリご紹介しますね♪

車の下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「車の下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです!

ディーラーで30万円と提示された下取り価格が、
買取業者では80万円になることもよくあるんです。

一括査定サイトとは、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がるんです!!

→ 愛車のホントの価値とは!