シエンタ新型のサイズは?フリードとの比較情報も!

車の下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「車の下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです!

ディーラーで30万円と提示された下取り価格が、
買取業者では80万円になることもよくあるんです。

一括査定サイトとは、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がるんです!!

→ 愛車のホントの価値とは!

車を購入する際に気になるサイズ感。新型シエンタのサイズは広いの?使いやすいの?

また、ライバル車と言われるホンダ「フリード」との比較情報についてもご紹介していきます^^

スポンサーリンク

シエンタ新型のサイズは使いやすい?7人乗りの実際

トヨタから販売されている3列シートを備えたシエンタが、2018年の夏にマイナーチェンジが行われます。

現在在庫整理が行われており値引きも拡大していますが、新型車がどのように変わるのかをチェックしてみた上で現行型を購入するかどうかを決めても遅くはないでしょう。

マイナーチェンジの主な変更点はフロントマスクの変更で、ヘッドライトやラジエターグリルのデザインに手が入れられる予定です。

またインタエリアも素材を変更し質感が向上し、安全装備のトヨタセーフティセンスが標準装備されます。

エンジンや足回りの変更はありませんが、若干の燃費向上などは期待できると思われます。

なお、プラットフォーム自体に変更がないのでボディサイズは変わらず、7人乗りのフル乗車は現行モデルと同じく厳しいでしょう。

スポンサーリンク

シエンタ新型とフリードとのサイズの違いは?

新型シエンタのボディサイズは5ナンバーサイズの全長4235㎜×全幅1695㎜×全高1675㎜で、ホイールベースは2750mmとなります。

最大のライバル車であるホンダのフリードは、全長4,215mm×全幅1,695mm×全高1,715mm、そしてホイールベースは2,740mmです。

両者を比較してみると、全長ではシエンタが120mm長く、足元により余裕が生まれるのに対して、全高ではフリードが35mm高いので頭上空間に余裕があるということになります。

しかし、いずれの場合もコンパクトスパースの中に無理やりシートを3列押し込んでいるので、大人がフル乗車するのは厳しいです。

あくまでも小さな子ども用か緊急用という使い方となるでしょう。

スポンサーリンク

シエンタ新型はマイナーチェンジでサイズも変わる?

シエンタのマイナーチェンジが行われるにあたって様々な点が変更されることになりますが、車体のサイズに関しては特に変わることはありません。

これはクルマの基本となるプラットフォームが変わらないからです。

トヨタでは、4代目プリウスから次世代型プラットフォームとして「TNGA」と呼ばれる新しいタイプが採用され、順次これに切り替わっていく予定になっています。

しかし、今回は小さな変更に留まるため、そこまで見直されることはないようです。

もし見直されるとすれば、それはフルモデルチェンジレベルとなり、完全な新型になるときでしょう。

ただ他社の車と比べた場合、大きさ的にはシエンタのほうがいま有利な状況にあるため、焦って変えなければならないといった状況にはないようです。

→ シエンタを50万円安い値引き価格で手に入れる方法!

シエンタ新型サイズまとめ

シエンタがマイナーチェンジされ新型に移行した場合でも、ボディサイズが変更されることはなく、現行と同じ全長4235㎜×全幅1695㎜×全高1675㎜、ホイールベースが2750mm程度のままとなるでしょう。

シエンタの魅力は取り回しの良いボディサイズの中に6~7人が乗車できるという点です。

コンパクトであるメリットは大きく、5.2mの小回りの良さから狭い道や駐車場を苦にせず、燃費も良くなります。

ボディを大きくすれば、このせっかくの魅力が失われてしまう可能性があります。

より大きな3列シートのクルマが欲しいのであれば、その上のクラスを選べば良いだけのことです。

しかし、実用上大きな問題はなく、3列目シートを跳ね上げれば、広大なラゲッジスペースとしても使えるのも非常に機能的です。

シエンタを値引き価格から更に50万円安く買う方法!知らなきゃ損!

  • 新しい家族が増えた!
  • キャンプに行く季節に友達も誘って出かけたい!
  • ファミリーカーだけどスタイリッシュな大人数用の乗用車が欲しい!
シエンタ欲しい!

使いやすい、乗りやすい、ゆとりの3列シート。

3列目シートは前の座席に折りたたむことができるので、自転車を乗せたり寝転がることもできて、アクティブな家族に大人気のシエンタ新型がキニナル!!

でも、いざ買うとなると・・・



  • シエンタ新型って高い・・・
  • 家族からは「中古車でいいじゃん、ちゃんと調べていいのにして」って言われるし・・・
  • 新車ってそもそも値引きしづらいっていうし・・・
  • ちょっと話聞きに行ったら、めっちゃセールスさせられそうだし・・・
  • 何より、交渉とか無理だし!



実は、新車の利益率は本体価格の10%程度

つまり、
300万円の車なら利益額はたった30万円!

値引きするとディーラーは赤字になってしまうので、新車の値引きはしづらいと言われます。

しかも、
お金の話って
正直周りに相談したくないじゃないですか。。

ちなみに、我が家で乗っていた車を一度ディーラーに下取りに出したんです。

4年前の型の割と人気の車種なのですが、250万円で新車で購入した車が・・・
何と32万円という提示額が!!!
(隣の奥様の顔は見れませんでしたよね^^;)

でも、実はある情報を知ったら
50万円安く新車を手に入れられました!

オプション削ったとかじゃないですよ!
もちろんフル装備です^^b

しかも新型シエンタはエコカー減税だし、燃費もいいし、安全性能も装備も最高!!

シエンタは低重心小さい子供を乗せるのに重宝して、
・・・ちょっと褒められちゃいました♪

でも少し考えたら、これってただ

「やり方を
知ってるかどうか」
ってことだけ!

誰にでもできるやり方があるんです!!

その値引き方法をバッチリご紹介しますね♪

車の下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「車の下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです!

ディーラーで30万円と提示された下取り価格が、
買取業者では80万円になることもよくあるんです。

一括査定サイトとは、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がるんです!!

→ 愛車のホントの価値とは!

シエンタ 新型

Posted by 子育て頑張る